2011年03月07日

ミモザ

DSC_0598 (3).jpg

丸めた蔓に、ミモザをワイヤーでグルグル巻いただけのリース。
ミモザを見ると、南仏を思い出す。
日本の空気の中にあるよりも、
南仏のスコーンと抜けた空気の中にあるほうが、
ミモザも生き生きとしているように見える。

DSC_0622 (2).jpg

ミモザ畑の中に咲いた春の花たち。
posted by couleur nature at 13:32| Comment(2) |

2011年03月03日

アンチクライスト

DSC_0356 (2).jpg

ラース・フォン・トリアー監督の「アンチクライスト」。
彼の作品はことごとく観てきた。
今回も、やはり…期待を裏切らなかった。

この映画は、なにかメッセージを伝えたいわけではない。
でも、決して単なるエロティックサイコスリラーではない。

観終わった後、
残酷さ、とか、悲しみ、とか、そういう言葉で説明できる気持ちではなく、
呼吸が浅く苦しいだけの何かが体中を覆った。
涙も出ないくらい、重くのしかかってくるこの感じ。
たまたま、隣の人が泣いている声を聞いて、
その勢いに乗って泣けたときは、苦しさから少し解き放たれた気がした。
そして、それからしばらく誰とも接触をしたくなかった。

ホラー的に惨いわけではなく、
精神的に追い詰めるわけではない。
そこには人間の奥深い真実がちょっとねじまがった様子で描かれている。

それにしても、シャルロット・ゲンズブールの演技はすごかった。
そして、この映画を思い返したときに
美しかったと思わせてくれたのは、映像だと思う。
映像こそが救い。
ほかには何も救いがない。

と言いつつも、
絶望のどん底に浸ることに快感を覚えている自分がいる…。
これが、ラースの魅力なのか…?
posted by couleur nature at 02:20| Comment(0) | 映画

2011年02月25日

春のブーケ

DSC_0524 (4).jpg

手のひらでそっと束ねたブーケを
たっぷりの水に浮かべました。

春の花って、やっぱり心躍ってしまう。
食べたくなるようなこの瑞々しさ。
う〜ん、いい!

DSC_0541 (2).jpg
posted by couleur nature at 12:07| Comment(0) |

2011年02月23日

チューリップ

DSC_0457 (2).jpg

散った後の姿も美しい。

もう、、、捨てられない…。
posted by couleur nature at 16:19| Comment(2) |

2011年02月21日

春の便り

最近、花が咲き終わっても、
その後の経過を見守ることにしています。
そうすると、
花が散ることは終わりではなく、始まりなんだなぁと
つくづく実感するのです。

DSC_0452 (2).jpg

ムスカリからひょっこり顔を出した実

DSC_0473 (2).jpg

ネコヤナギの花

DSC_0474 (2).jpg

枯れ木から出てきた芽

DSC_0480 (2).jpg

サボテンの赤ちゃん

うちは、日当たりがよいせいか、
もうすっかり春だと勘違いしているようで。
生きよう!とする力がむくむくと沸いているのを感じます。
posted by couleur nature at 11:45| Comment(0) |

2011年02月15日

白い花×3

DSC_0425 (3).jpg

根元からボトッと落ちてしまう椿


DSC_0439 (3).jpg

人間でいう熟女

DSC_0411 (2).jpg

キュートすぎないアネモネ
posted by couleur nature at 15:17| Comment(2) |

2011年02月10日

あじさい

DSC_0389 (4).jpg

美味しいものを食べ、
美しいものに心動かされる。

そんなシンプルな生活が理想。

と、割り切れればいいのだが…(笑)

posted by couleur nature at 19:44| Comment(2) | その他

2011年02月08日

春色の花

DSC_0324 (4).jpg

春色、というとこんなピンクを思い浮かべる。
大好きなスカビオサ。
ところどころ濃いピンクが混じっているのがなんとも愛らしい♪

DSC_0325 (4).jpg

ふっくらした大福のようなラナンキュラス。
これも、絶妙なピンクのグラデーション。

DSC_0334 (4).jpg

そして、
揺らすと音が鳴りそうな、その名もグリーンベル。


春の訪れを感じる、今日このごろ。
posted by couleur nature at 21:52| Comment(0) |

2011年02月04日

夕暮れどき

DSC_0293.jpg

赤とんぼが飛んでいるみたい。

DSC_0290.jpg

冬のたま川もいろんな発見がある。
posted by couleur nature at 22:35| Comment(3) |

2011年02月03日

あおもじ

DSC_0307 (6).jpg

枝のまま水につけておいたけれど、
咲く姿を拝めなさそうだったので、
いさぎよくカットしました。

短くすると蕾の存在が際立つ。

DSC_0316 (5).jpg
posted by couleur nature at 22:15| Comment(0) |

2011年01月31日

untitled

DSC_0267 (5).jpg

先日、とある場所で、salyuの歌声を聴いた。

言葉にするととっても安っぽくなるのだが、
その存在感と表現力に釘付けになってしまった。

一流と呼ばれる人とそうではない人の違いは、
その独自性にあるんだな、と最近つくづく思う。

posted by couleur nature at 16:09| Comment(0) | その他

2011年01月28日

眠っていた葉っぱ

DSC_0248 (5).jpg

人為的に色をつけられた葉牡丹。
透明な水を吸って、
中から緑の葉がにょきにょきと生えてきた。
こんな小さな生き物なのに、
がんばって伸びようとしている。

右のカランコエは、珍しい品種。
リンリンと音が鳴りそうな、鈴の形がかわいい。
posted by couleur nature at 22:13| Comment(2) |

2011年01月26日

花、ひらく

お花やさんで、おまけにもらったポピーの蕾。

次の日、暖房の効いた部屋で
とつぜんむくむくと動き出した…

DSC_0677 (2)-1.jpg

DSC_0001 (4)-1.jpg

DSC_0005 (5)-1.jpg

DSC_0031 (3)-1.jpg

DSC_0032 (3)-1.jpg

そして、散りゆく。

DSC_0202 (6)-2.jpg
posted by couleur nature at 12:54| Comment(2) |

2011年01月24日

ブログ、はじめました。

DSC_0259 (4)-1.jpg

水栽培で育てていたヒヤシンスの花が
短い命を終えてしまいまして。
でも、茶色にカールした花びらがあまりにもかわいかったので、
もう少し頑張ってもらおう。

切った花の奥には、新たな命が。

DSC_0249 (5)-2.jpg
posted by couleur nature at 17:19| Comment(2) |